JRLO Division3 試合中止について

下記の日程にて開催予定されていました
Japan Rugby League One Division 3
宗像サニックスブルース vs 豊田自動織機シャトルズ愛知
の試合は開催中止となりましたので、お知らせいたします。

2022年1月16日
ミクニワールドスタジアム北九州
宗像サニックスブルース vs 豊田自動織機シャトルズ愛知

チケットの払い戻し等につきましては、宗像サニックスブルースの
ホームページにてご確認ください。
https://rugby.sanix.jp/

12月17日付け(通達)競技規則条文改正

日本協会より標記の通達が来ておりますので
下記のURLよりご確認くださいますようお願いいたします。

チーム所属レフリーへもご周知をお願いいたします。

【添付ファイル】
以下のURLをクリックすると添付ファイルをダウンロードできます。
添付ファイルがダウンロードできない場合は、URLをコピーしてブラウザに貼り付けてください。

添付ファイル名:211217(通達)競技規則条文改正【競技運営】.pdf (108KB)
https://rugbyfamily.jp/index.php?action_sendmail_download=true&i=10602&n=d04a23547dd52e6ec0132c123a766c69&fn=1

【重要なお知らせ】ミニラグビー/ジュニアラグビー 世界的試験実施ルール及び、危険なプレー撲滅のための徹底にむけて

ミニラグビー/ジュニアラグビーにおける世界的試験実施ルールの実施及び、危険なプレー撲滅の徹底に向けて

 日頃より、ラグビー競技の普及・発展にご尽力頂き、厚く御礼申し上げます。
 さて、 新型コロナウイルスの影響により、ラグビー活動をはじめ、多くのスポーツが活動の制限を受けている状況下ではありますが、我が国では小学生以下の幼児・児童(以下U12 年代)のプレーヤー数が増加しており、 プレーヤーが安全にプレーできる環境整備は、U12U15年代の競技人口一層の増大を図る上で喫緊の課題であります。

 若いプレーヤーが「安全に」「適切な時期に」「段階的に」 プレーできるように 、指導者・レフリー・メディカルスタッフ・プレーヤー・保護者など、育成に関わる全ての関係者が一丸となり、安全なプレーについての正しい理解と、これを正しく行うための指導方法を共有しプレーヤーの安全確保を図る必要があります。

 そうした中、先般、 World Rugby より、 ウェルフェア強化に重点を置いた世界的試験実施ルールについて通達が出されました。(公財)日本ラグビーフットボール協会では、ミニラグビー/ジュニアラグビーにおいても世界的試験実施ルール を全て適用し、 今後、 年代別に応じたプレーヤーの安全確保に向けた検証を行った上で、 競技規則の改訂を検討することにいたしました。

 つきましては、世界的試験実施ルールの内容とねらいを確認して頂くと共に、 プレーヤーがラグビーを楽しみ 、 保護者が安心して我が子にラグビーをさせようと思える環境作りを推進すべく 、危険なプレー撲滅の徹底に向けた取り組みへのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

詳細は下記よりリンクよりご確認ください。
https://www.jrfucoach.com/2021/12/11/ミニラグビー-ジュニアラグビーにおける-世界的試験実施ルールの実施及び-危険なプレー撲滅の徹底に向けて/

(公財)日本ラグビーフットボール協会普及育成委員会

リンクを掲載しました

北九州ラグビーフットボール協会に所属しているラグビースクールのリンクを掲載致しました。トップページのメニューに表示してあるリンクをクリックするとページが表示されます。ご利用ください。

ミクスタの芝生 ラグビーで遊ぼう!

北九州市が誇るフットボールスタジアム「ミクニワールドスタジアム北九州」の芝生の上でラグビーしてあそぼう!という企画を立てました。

対象は、「ラグビーやってみたいなぁ」と思う、年長さん、小学校1年生、2年生です。
(ラグビースクールに通っている人は、お友達を誘ってくださいね。)

参加には、申し込みが必要です。
11月10日からWebで募集を開始します。

募集先のURL、QRコードは11月10日お昼12:00に掲載いたします。
今しばらくお待ちください。

日本ウェールズ協会様よりご寄付のご報告

このたび、民間団体である日本ウェールズ協会様より、
北九州とウェールズの絆のレガシーとして、
新しく創設された「北九州ウェールズカップ」の
優勝カップをご寄付いただきました。
小学生の部は今週末の北九州市民体育祭の6年生トーナメント
(来年からは毎年6月の北九州ラグビー祭)
中学生の部は2022年2月23日開催予定。

以下、日本ウェールズ協会会長からのメッセージです。

St. David’s Society Japan/Based in Tokyo (日本ウェールズ協会/本部(東京))
代表者:日本ウェールズ協会会長 
Mrs.アースラ・バートレット・今出川 

ご寄付の主旨:2019年ラグビーワールドカップ日本開催に際して、
開催期間含め開催数年前そして開催後も合わせ、
ウェールズの代表チーム、
ウェールズラグビー協会、
そしてウェールズのサポーターに対し、
北九州市役所、北九州市ラグビー協会、
そして北九州市民の皆様から、
多大なるあたたかいご支援と
心のこもったおもてなしを頂きました。
ささやかではございますが、
そのお礼と、またこれから未来へ
永遠に継続していく堅い絆を願い
ご寄付をおさめさせて頂きました。